イボコロリは使っても大丈夫?顔のイボにおすすめの対策方は?

顔のイボは加齢の象徴のようで、もし、発生してしまったら、是非とも改善させたい肌トラブルですよね。

 

イボ改善アイテムとして有名なイボコロリは、顔のイボにも使えるのでしょうか?
そして、顔のイボに良いとされるおすすめの対策方とは何なのでしょうか?

 

⇒この記事で紹介しているイボ対策化粧品の詳細はこちら

 

顔のイボにイボコロリを使ってもいいの?

イボ対策商品と聞いて、真っ先に思いつくのはイボコロリではないでしょうか?
昔からある商品ですし、使用者からの評判もいいですし、安心感がありますよね。

 

そんなイボコロリですが、種類がいくつかあります。

・液体
・絆創膏
・内服錠

の3タイプです。

 

このうち、液体と絆創膏タイプはサリチル酸が配合されている関係で、お顔には使用できません。
一部のネットユーザーで、顔にも効果があったと仰る方を時折見かけますが、危険です。
自己責任だからいい、といっても、お顔に消えない跡が残ってしまってからでは大変ですよ。
商品の取り扱い説明書にも記載されていますので、絶対に使わないでくださいね。

 

そして、残る内服錠ですが、こちらは安全に使えますし、効果も期待できます。
第3類医薬品ですので、医師の処方なしに、ドラッグストアなどで購入することができます。お手軽です。

 

なぜ、効果が期待できるのかと言うと、イボ改善に効果的とされるヨクイニンが配合されているからです。

 

ヨクイニンは、ハトムギの皮を取り除いて抽出した成分です。
ヨクイニンに含まれているタンパク質やビタミンB群などの栄養素に、抗腫瘍作用、抗炎症作用、利尿作用(デトックス効果)があるので、改善に期待が持てるのです。
さらに、美白や美肌効果もあるとされていますので、お肌のトータルケアにも適しているかと思います。

 

ただし、ハトムギは小麦です。小麦アレルギーをお持ちの方は使用できませんのでご注意くださいね。
アレルギーではない場合も、服用したことで何らかの症状が出た場合は、すぐに服用をやめましょう。
症状が続くようでしたら、医師に相談してください。

 

しかし、内側からイボ改善に働きかける(=体質改善)ため、即効性はないです。
服用を続けるうちに少しずつヨクイニンの有効成分が効いてくる、といった流れです。
個人差がありますが、半年を目安に続けられるといいかと思います。
人によっては効果を実感するまでに1年以上かかることもあるようです。

 

ですので、内服錠だけでは、時間がかかってしまいます。

 

おすすめの対策方

顔のイボは、できるだけ早く改善させたいですよね。
そこで、おすすめの方法があります。

 

それは、艶つや習慣を使用することです。お肌の状態が整えられて、ターンオーバーが正常化することで、イボを角質として排出してくれるからです。
配合成分を見るとわかりやすいです。

 

艶つや習慣には、イボ改善に良いとされる、
▼ハトムギエキス
別名「ヨクイニン」です。
イボケアに高い効果を発揮するとされ、古来よりイボ取りの生薬として使われてきた成分です。
ハトムギにはタンパク質やカルシウム、鉄、ビタミンB群、コイクセノライドなどの栄養が大変豊富に含まれています。
それぞれを具体的にみていくと、
・コイクセノライド
→コイキセノリドは脂肪酸です。抗腫瘍作用や抗ウイルス作用を持っています。
イボなどの腫瘍を緩和させ、炎症を和らげてくれます。

 

・カリウム
→利尿作用がありますので、むくみ改善にも繋がります。
さらに、尿とともに毒素も排出されるため、デトックス効果もあります。

 

・タンパク質
→肌の新陳代謝を向上させる働きがあります。美肌効果も期待できますね。
肌の老化が顔のイボの主な原因です。肌が本来持つ機能を取り戻すとイボも発生しにくくなります。

 

・ビタミンB群
→お肌の乾燥を緩和し、潤いのある肌へと導いてくれます。
肌状態も整い、滑らかになることにも期待ができますね。

 

ただし、肌に使用するとは言え、こちらも小麦アレルギーの方はご注意くださいね。

 

▼あんずエキス
あんずエキスにはターンオーバーの乱れを改善する脂肪酸パルミトレイン酸が豊富に含まれています。
パルミトレイン酸自体は、体内に∃している成分であるものの、年齢を重ねるとともに減少してしまいます。
そして、足りなくなると、バリア機能が低下してしまうのです。そうなると乾燥や思わぬ肌トラブルを招いてしまい、結果、イボが発生しやすい肌状態にもなってしまうことがあるのです。
恐ろしいですね。

 

あんずエキスで、パルミトレイン酸を補って、バリア機能を向上させ、ターンオーバーの乱れを正したいですね。

 

が絶妙なバランスで配合されています。

 

それらに加えて、他にも有効成分が配合されています。

 

・プラセンタエキス
→アミノ酸とミネラルを豊富に含んでいます。ターンオーバーが正常に行われるようサポートしてくれます。
イボケアのみならず、エイジングケアに期待できます。

 

・アロエベラ
→鎮静鎮痛や細菌繁殖阻止、そして、酵素活性抑制などの作用があります。
保湿力・保水力に長けています。
多くの肌トラブルを改善してくれます。

 

・ヒアルロン酸
→保水力が高いです。ヒアルロン酸がなくなってしまうと、肌から艶が失われてしまうことがあります。
加齢とともに減少してしまうの成分ですので補っておきたいところですね。

 

保湿や肌を整えることもできるオールインワンジェルではありますが、そもそも、イボ対策アイテムとして開発されていますから、その効果には大変期待が持てるのですね。

 

艶つや習慣なら、顔にできてしまったイボ改善に、大きな期待が持てますよね。

 

しかし、艶つや習慣は薬ではありませんので、即効性がないです。
ターンオーバー時に、不要な角質(=イボ)を排出することで改善するアイテムです。
個人差がありますが、ターンオーバーが乱れていることを考慮すると、ターンオーバーが訪れるまでの日数としては100日以上かかることもあります。
ですので、3ヵ月以上は使用を続けた方がいいでしょう。
また、イボの状態によっては、一回のターンオーバーで全てを排出しきれないこともあります。
いずれにしても、長期的に継続していくことがベストです。

 

内側・外側の両方から同時にケアをすることもいいでしょう。
艶つや習慣で外側からケアをして、イボコロリ(内服錠)で内側からケアをすると、効果的ですよ。

 

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

 

艶つや習慣

関連ページ

肌のターンオーバーが鍵!首のイボの治し方!
首にいつの間にかできたイボ。首のイボの原因は紫外線や加齢によるターンオーバーの乱れが深く関わっているようです。気になる首のイボの治し方とおすすめ商品をご紹介します!
30代から増え始める顔のイボって?治療法はあるの?
顔のイボ、どうやって治療するかご存知ですか?皮膚科では保険適用治療もあり意外と手軽にできるようです。その他にも自宅でできる治療法もあるんです!オールインワンジェルの「艶つや習慣」なら顔のイボの改善&予防が期待できるとご存知でしたか?
顔のイボを取りたい!病院や自宅で取る方法のまとめ
顔のイボを取りたいなら病院で取るか自宅で根気よくケアをするかのどちらかです。顔のイボを取りたい方はここで自分に合った方法を見つけてくださいね。
子供の顔にイボができてしまったときの治し方について
年齢問わず、子供にもできることがある顔のイボ。もし、子供に顔のイボができてしまったときはどうしたらいいのか、治し方についてご紹介します。
顔のイボができる2つの大きな原因について調べました
顔のイボができる2つの大きな原因とは、それぞれどんなものなのか? 顔のイボができてしまう原因2つについて、詳しく調べました。

inserted by FC2 system